日高シミュレーションセンター利用申請

■教育研究棟5階 シミュレーションセンター■

●シミュレーションセンター(3部屋)を利用する場合は、基本的には「教育プログラム」の承認が必要です。※教育支援センターの物品を利用しない場合は必要ありません。
「【承認済】教育プログラム」をご参照のうえ、プログラム名、番号、指導者名(名簿に名前がある方)を必ず入力して下さい。
※2020年〜座学での勉強会等でも部屋の予約が可能となりました。

!注意!
@承認された「教育プログラム」のみ使用できます。
A当日予約は原則受付けておりません。利用希望日の【7日前】までに利用予約をお願いいたします。
 ※それ以外の場合は、教育支援センター(PHS:9415)まで必ずご連絡お願いいたします。
B物品の貸し出しは最長1週間です。
C使用期間を守って頂けない場合は、今後お貸しすることが出来なくなりますのでご注意下さい。

※1回ごとに申込お願いいたします。


【概要】
「タスクトレーニング室」…机、椅子、プロジェクター完備。

「スキルシミュレーション室-1」…Sim Manエッセンシャル1体配置。ロールプレイング演習可能。【ベッド1台、ICU病棟】

「スキルシミュレーション室-2」…ALSシミュレーター2体配置。ロールプレイング演習可能(職種問わない)。【ベッド4台、一般病棟】

下記の通り、シミュレーションセンター利用申請をします。
「*」は必須項目です。

利用希望日の【7日前】までに利用予約をお願いいたします。
【当日予約は原則受け付けておりません。】
※事前に予約状況の確認をお願いします。
利用申請者氏名(代表) *
(例:埼玉 太郎)
申請部署 *
(例:○棟△階/○○○○科)
職種 *
連絡先(内線/PHS) *
メールアドレス *
※メールにて利用案内の連絡をしますので、必ず入力をお願いいたします。
申請部署責任者 *
★利用時間
月〜金 9:00〜17:30
※事前に許可を得た場合は時間外利用可
【物品の利用場所は原則シミュレーションセンター内でお願いします。】
利用開始日 *
※物品貸出希望時間(準備時間含)から入力してください。
利用開始時間 *
利用終了日 *
利用終了時間 *
利用場所 *



その他の利用場所
(例:○棟△階病棟、カンファレンスルーム○○)
利用目的(具体的に) *
プログラム名
器材を使用しない座学での勉強会時には記載不要
(○○の研修プログラム、H-S-P-○○)
必ず正式な名称のご入力をお願いいたします。
ご入力いただけない場合、物品の準備ができません。
プログラム指導責任者
★指導者内訳
指導者の職種と利用人数をそれぞれ入力してください。
例:医師 2名、看護師 30名、救急救命士 1名
指導者(学内者)
指導者(学外者)
★受講者内訳
受講者の職種と利用人数をそれぞれ入力してください。
(例:医学生 5名、看護師 30名)
受講者(学内者)
受講者(学外者)
★シミュレーションセンター貸出物品
貸出を希望する物品の必要数を選択してください
シミュレーションセンター外への貸出は最長1週間までです
レサシアン with QCPR
AEDトレーナー
ALSシミュレーター
スキルシミュレーション室-2
Sim Man エッセンシャル
スキルシミュレーション室-1
気道管理トレーナー(成人)
気道管理トレーナー(小児)
Ambu気道管理トレーナー
ブレードセット
BVMセット(成人6、小児1)
胃・十二指腸内視鏡モデル
内視鏡手術シミュレーターi-Sim2
静脈穿刺アームアドバンス
除細動器
センシティブ
Little Junior
Baby Ann
EZ-IO
エピペン(練習用6本)
成人実習モデルさくら
静脈注射・採血用モデル(腕)
聴診器
教育用(現有数1)が必要な場合はコメント欄へ記載お願いします。
セントララインマン
フェモララインマン
ガードルスタンド
救急カート(教育用)
ルンバール(腰椎穿刺用・硬膜外麻酔)
コメント欄
★注意事項★
利用申請後、2〜3日以内に使用可否についてご連絡します。
連絡なき場合は教育支援センター(PHS:9415)まで必ずご連絡をお願いします。
入力していただいた個人情報は、ご案内以外の目的では使用いたしません。