宅建業開業応援

「*」のついたものは必須項目です

お名前 *
ふりがな *
年齢
性別
郵便番号[郵便番号] *
-
住所 *
電話番号 *
FAX番号
携帯電話番号 *
メールアドレス *
お問い合せ内容 *




お問い合せ詳細 *
依頼内容 *


設立する会社名
会社設立予定時期 *






















設立する会社の種類
幣事務所と税理士顧問契約を締結して頂いた場合、登記の実費だけで定款を作成します。
設立する会社の本店所在地予定地 *
本店所在地について


設立する会社の資本金 *
出資予定人数 *
出資者(発起人)
資本金を出資する人(会社)の名前と出資額を記入してください。出資する人は、1人(1社)でも構いません。出資する人は原則として発起人となります.
現物出資について *
株式の譲渡制限 *
株式の譲渡制限をすると、会社の同意がない限り、株主が勝手に譲渡することができなくなります。
目的(営業内容) *
役員(取締役)就任予定人数 *
取締役
取締役は、1名で結構です。取締役は、代表権を持ちます。複数の取締役がいる場合は、それぞれが代表権を持ちます。代表権を持つ取締役を絞りたいときには、会社を代表する取締役を定めます。
代表取締役を定めると、他の取締役の代表権はなくなります。
代表取締役 *
取締役会 *


取締役会を置かない方が、設立後の事務手続き楽なので、取締役会を置かない方をお勧めします。
役員の任期 *










任期は、最長10年ですが、役員の改選(重任)の登記を失念すると、過料として最大100万円が課されますので、忘れない範囲の5年をお勧めします。
監査役の設置の可否 *


監査役を置かない方が、設立後の事務手続き楽なので、監査役を置かない方をお勧めします。
-
監査役
監査役は、置かないこともできます。
事業年度(会計期間) *












定款の作成 *



ご自分で定款を作成された場合、ご自分で作成された定款に誤りがある場合には、電子認証できないだけでなく、幣事務所が作成し直さなければなりません。幣事務所が作成し直した場合には、定款作成報酬を頂きます。
宅地建物取引業免許申請 *



幣事務所と税理士顧問契約を締結して頂いた場合、印紙税などの実費だけで申請書を作成します。
宅地建物取引主任者について


専任の取引主任者について


宅地建物取引業免許申請時期 *






















入会不動産団体について *




入会不動産団体に対する入会申込書の作成 *

税理士顧問契約 *

記帳代行 *


税理士顧問契約を締結して頂けない場合は、記帳代行はお受けできません。
助成金・補助金診断(無料)


助成金・補助金申請


受給資格者創業支援助成金(会社設立前)は無料です。
金融機関からの借入




借入申込書作成(無料)


経歴・セールスポインなどお客様に記入して頂くところもあります。
社会保険適用事業所届出


税理士顧問契約を締結して頂けない場合は、お受けできません。
会社登記申請 *




不動産コンサルティング技能登録について


不動産投資顧問業登録



不動産投資顧問業登録には、宅地建物取引業の登録、不動産コンサルティング技能登録、宅地建物取引主任者登録が必要です。
登録申請書作成及び申請代理は、有料でお受けします。
管理業務主任者について


マンション管理士について